アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

紫陽花と寺

新たな年を迎えて多くの方が初めにされることが初詣、近年では勉学の神様、仕事の神様、勝負運の神様、子授かりや安産の神様と、ご自身が新たに迎える一年を良い年であるようにお寺に祈願し、開運を得るために参拝しようという行事の一つとなっているものである。
多くの方の習慣ともなっている事であるが、歴史自体はそう古いものではないものである。

元来は年籠りと呼ばれていたものであり、江戸時代に一家の家長が家族全員の一年の無事と繁栄を祈り、大晦日の夜から元日の朝まで氏神の社に籠るというのが始まりと伝えられているものである。
年籠りからはやがて大晦日の夜に行う除夜詣と元日の朝に行う元日詣の2つに分かれることとなり、元日詣が現在の初詣の原型となったと言われているものである。

習慣となるもの


新たなる一年をどのようにして過ごしていくかは、一年の計は元旦にありということわざ通り、多くの方が一番気にしていることである。
新たなる一年を自身にとって良い年にしていく為に、一年の初めにお寺に参ってげんを担ぐ為に参拝をするという初詣は、今後も多くの方が習慣として行っていく行事の一つとなるものである。
また、ご自身が一年をどのように過ごしていきたいかという願いにおいて、参拝する場所を決めることもできるようになっているのである。
神社やお寺にはそこに居られる神がどのような福をもたらしてくれる神となっているのか、それぞれ特徴があるのである。
ご自身が一年を通して頑張って開運を成し遂げたいとお考えになる神の元に参拝するという習慣も、今後も続いていくことであろう。

参拝する際はその場の仕来たりを守る


新年に参拝をするとよく見かけるのが様々な飲食物を販売している屋台である。
子供のころはこの屋台目当てに参拝を行っていたという方も多く居られであろう。
屋台というと祭りをイメージさせるものであり楽しみの一つとすることに意義はないが、静かな年明け静かな参拝をしたいという方も多く居られるのである。
祭壇までの道中はこの様な屋台で楽しく過ごすことも良いが、実際に参拝して祈りを注ぐときには、その場の仕来たりを厳守して粛々と行うことが重要である。
一年の開運を手にするためにも、周りに配慮して参拝することが必要なこととなるのである。
また、ご加護が多くあると人気となっている場所への参拝は、年末年始の渋滞があることも考えて、公共交通機関を利用されることがお勧めである。

オススメリンク

赤い塔

その他の開運法

日本に於ける初詣でやる開運法に似たもので、海外にある物は日本と同じくおまもりがあるでしょう。
アメリカのココペリ人形はネイティブアメリカンの精霊だとされています、色によって効果が違って日本のお守りに似ている部分があります。Read more

金閣寺

どのような行事か

初詣とは、年が明けてから初めて神社や寺に参拝する行事の事を言います。
去年一年間を無事に過ごす事が出来た感謝を伝えたり、今年一年間の無事を祈ったりします。
この行事は「年籠り」という行事に由来があります。
年籠...Read more

寺の像

マナーを守って参拝する

初詣にもいくつかのマナーがあります。
より良いご利益を得るためにも、基本的なマナーは押さえておいたほうが良いです。
まず一つ目に、いつ頃までに行くのが良いかについてです。
これは様々な考え方があります。Read more

関連リンク